フコイダンがん治療netTOP >  医師のメッセージ

医師のメッセージ

【ガンとの関わり】

現在、京都府医師会の消化器ガン検診委員としての活動もしておりますが、以前から消化器内視鏡を専門としていますから、もともと胃ガンや大腸ガンなどの消化器系のガンを見つけることこそが専門です。ですから今まで多くのガン患者の方と接していますし、ガンとは切っても切れない関係です。

医院を開業してからは、地域密着のかかりつけ医として消化器系のガンに止まらず、肺ガンや血液のガンはもちろん、ご婦人の子宮ガンや乳ガンなどさまざまな患者の方を診てきました。そういった経験の中で、ガン治療に最も大切なのはやはり「早期発見」だと私は常々思っています。仕事がら私が一番初めに患者のガンを見つけることが多いため、できるだけ早期ガン「手術で治るガン」を見つけたいと切に思います。
ですから日常の診療ではなるべく敷居を低くして、患者さんが自分の症状や体調を、少しでも多く話しやすい環境をつくることを心がけ、普段の状態の変化からガンの兆候がないか絶えず伺うようにしています。