医師との電話相談を受けて新フコイダン療法を続けているがん患者様2018/03/28

フコイダンがん治療netTOP >  がん関連最新情報一覧 > 医師との電話相談を受けて新フコイダン療法を続けているがん患者様2018/03/28

医師との電話相談を受けて新フコイダン療法を続けているがん患者様

 

「上羽先生にはいつも食事、新フコイダン療法の飲用方法など、いろいろと相談にのっていただいており、とても心強いです。今後も体調・結果を元に、相談にのってもらいながら、新フコイダン療法を続けていきたいと思っています。」

 

患者様は60歳代後半の男性で鼻腔がんの方です。

手術から1年経った後に、骨・肺への再発・転移が判られ、抗がん剤治療をされています。

抗がん剤治療にプラスして、少しでもがんの勢いを抑え、がんを縮小へと繋げられるものをと新フコイダン療法を始められました。

今のご状況は、電話相談でのアドバイスを元に飲用を継続され、抗がん剤治療と新フコイダン療法で転移部は縮小してきています。

 

医師との電話相談を受けて新フコイダン療法を続けているがん患者様医師とのお電話相談の良い所は、血液データや相談申込書などを元に個々それぞれの状況に合わせた相談ができること、食事や日常生活の過ごし方などのアドバイスをしてもらえることだと話してくださいました。

「先生に電話相談で良い経過ができるようにと前向きに取り組んでいる。電話相談がひとつの励みになっている。」

そのようにお聞きして、新フコイダン療法で癌が改善することはもちろん大きな目標ですが、そこに至るまでの過程で、小さな目標を持ちながら、一歩ずつ前進しているんだなぁと思い、お電話相談が気持ちの面でもお役に立っていることが嬉しかったです。

 

医師とのお電話相談では、新フコイダン療法の進め方はもちろん、食事面や日常生活についてなど、幅広くご相談が出来ます。お電話相談を活用していただきながら、その都度の経過・ご体調面に合せた新フコイダン療法を進めていただければ幸いです。

 


がんに期待の「新フコイダン療法」について詳しくお知りになりたい方は、『新フコイダン療法とは』を、ぜひご覧ください。

がんで新フコイダン療法を取り入れられた方