治療の一つとして、新フコイダン療法を取り入れた悪性リンパ腫の患者様2018/02/26

フコイダンがん治療netTOP >  がん関連最新情報一覧 > 治療の一つとして、新フコイダン療法を取り入れた悪性リンパ腫の患者様2018/02/26

治療の一つとして、新フコイダン療法を取り入れた悪性リンパ腫の患者様

 

悪性リンパ腫で新フコイダン療法を取り入れた方をご紹介します。

患者様は80歳代の女性です。

急に起き上がれなくなり、その際受けた検査で、首にしこりがあることが判られたそうです。しこりを切除し検査をしたところ、悪性リンパ腫と判明しました。

治療の一つとして、新フコイダン療法を取り入れた悪性リンパ腫の患者様治療法は抗がん剤治療になると言われたそうですが、「年齢的に抗がん剤を投与出来ても、通常の半分量での投与になり、病気が病気なだけに半分量だと効果が見込めないかも知れない。」とご説明を受けられたそうです。

体に負担を掛けて、効果が見込めないかもしれない治療を始めることは、出来れば避けたく、治療に変わるものを取り入れたいと考えていた時に、新フコイダン療法をご存知になられたとのことでした。

 

新フコイダン療法は・・・

 

・身体に負担を掛けることなく、がんの勢いを抑え、がんに直接働きかけ自滅死へと導く作用が期待出来ること

 

・血流を改善し、全身状態を整え、低下している免疫を正常な状態に戻してくれること

 

・どこに居ても始めることが出来ること

 

と言うところに興味を持ったとお話ししてくださいました。

何かひとつでも取り入れてみたいと思ってもらえた点があることや、少しでも希望を持ってもらうことが出来たのかなと思うと、とても嬉しいなと思いました。

 

新フコイダン療法は、治療に比べると働きとしては緩やかなものになりますが、補完していただくことで、今されている治療を底上げすることは可能なものだと思っています。

 

新フコイダン療法で良い方向へと向かわれる方の輪が広がれば嬉しいです。

 


現在の「悪性リンパ腫治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『悪性リンパ腫治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

悪性リンパ腫ブログ用画像