フコイダンがん治療netTOP >  抗がん性抗生物質系癌治療薬

抗がん性抗生物質系癌治療薬

マイトマイシン(マイトマイシンC)

種別 化学療法薬
主な作用 抗生物質として知られる薬品の一般グループに属し、アルキル化剤に似た効き方をします。胃がん、大腸がん、肝がん、子宮がん、頭頚部がん、肺がんの治療に使用されます。細胞内のDNA生成をブロックすることで細胞に死をもたらします。
副作用 白血球、赤血球、血小板数の低下を起こすことがあります。また、出血や貧血、骨髄機能抑制や腎機能低下、間質性肺炎や肺線維症などの呼吸障害をおこすこともあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。

ブレオ(塩酸ブレオマイシン)

種別 化学療法薬
主な作用 塗布された部位の腫瘍細胞のDNA合成阻害、DNA障害作用により、悪性腫瘍の増強を阻止します。皮膚の悪性腫瘍治療に用いられます。
副作用 塗布部の痛み、発赤、皮膚炎、色素沈着などが起こる場合があります。また、間質性肺炎や肺線維症など呼吸障害の症状があらわれることもあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けて下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

癌フコイダン療法の資料請求