フコイダンがん治療netTOP >  食物アルカノイド系癌治療薬

食物アルカノイド系癌治療薬

カンプト(塩酸イリノテカン・トポテシン)(5-FU)

種別 化学療法薬
主な作用 イリノテカンはトポイソメラーゼ阻害剤として知られる薬品の一般グループに属し、小細胞肺がん、非小細胞肺がん、子宮頸がん、卵巣がん、胃がん、結腸がん、直腸がん、乳がん、皮膚がん、非ホジキンリンパ腫などの治療に用いられます。
細胞分裂に必要な要素の発達を妨げることによりガン細胞の成長を阻害します。
副作用 吐き気や嘔吐、食欲不振、また皮膚や爪が乾燥したり、顔や腹部・手足の指が黒くなるなどの色素沈着、全身倦怠感、下痢、腹痛、食欲不振、口内炎などがあらわれる場合があります。
上記のような症状があらわれた場合は、医師にご相談ください。

オンコビン(ビンクリスチン)

種別 化学療法薬
主な作用 ビンクリスチンは、ビンカアルカロイドとして知られる薬品の一般グループに属し、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、ホジキン病、非ホジキンリンパ腫、神経芽腫、ウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、睾丸胎児性がん、血管肉腫などの治療に用いられます。細胞分裂を妨げることで細胞を死滅させます。
副作用 このお薬は、神経に障害を与えやすい特徴を持っています。そのため、手足の指や顔面などのしびれを引き起こす場合があります。
また著しい便秘、食欲不振、腹痛、おなかが張る、吐き気、嘔吐や、発熱、発疹などの症状があらわれることもあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。

ラステットS(エトポシド・ベプシドS)

種別 化学療法薬
主な作用 小細胞肺がん、ホジキン病、非ホジキンリンパ腫、子宮頸がんの治療に用いられます。
腫瘍細胞の増殖期のDNA切断を阻害することにより、その増殖を抑制します。
副作用 血液の成分をつくり出している骨髄に作用し、細菌などから体を守る働きをしている白血球や出血を止める働きをしている血小板を減少させてしまうことがあります。発熱や倦怠感、吐き気、嘔吐、脱毛などの症状があらわれた際は医師の診察を受けて下さい。

ナベルビン(ビノレルビン)

種別 化学療法薬
主な作用 ビンカアルカロイドとして知られる薬品の一般グループに属し、非小細胞肺がんの治療に使用されます。細胞分裂を妨げることで細胞を死滅させます。
副作用 骨髄に作用し、白血球、赤血球、血小板を減らすことがあります。そのため、感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。吐き気や嘔吐、食欲不振、脱毛、口内炎や全身倦怠感などの症状があらわれることもあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

癌フコイダン療法の資料請求