フコイダンがん治療netTOP >  代謝拮抗薬系癌治療薬

代謝拮抗薬系癌治療薬

フルオロウラシル(5-FU)

種別 化学療法薬
主な作用 パクリタキセルはタキサンとして知られる薬品の一般グループに属し、細胞が分裂する際に与える影響から有糸分裂阻害剤とも呼ばれています。卵巣がん、非小細胞肺がん、乳がん、胃がんの治療に用いられます。細胞分裂を妨げることで細胞を死滅させます。
副作用 点滴した2~3週間後に、ほとんどの方で脱毛があらわれます。
また、吐き気や嘔吐、下痢や口内炎が起きることも少なくありませんし、関節や筋肉に痛みを感じる場合もあります。
その他、パクリタキセルは骨髄に作用するため、白血球、赤血球、血小板の低下を招くことがあります。感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。
上記のような症状があらわれた場合は医師に相談して下さい。

TS1・ティーエスワン(テガフール・ギメラシル・オテラシル配合剤)

種別 化学療法薬
主な作用 抗がん薬のテガフールにギメラシル・オテラシルカリウムを配合したカプセルです。胃がん、頭頸部がんの治療に用いられます。
ティーエスワンに含まれるテガフールは、内服後、体内で徐々に5-FUに変わって抗がん作用を示す一方、ギメラシルは5-FUを壊す酵素を阻害することによって5-FUの濃度を高めます。一方、オテラシルは5-FUによる消化器毒性を軽減させて、飲みやすくさせる効果を示します。これらの総合作用により、抗腫瘍化学療法の効果を高めています。
副作用 骨髄抑制作用、肝・腎障害作用のほか、激しい腸炎、下痢による脱水症、吐き気・嘔吐や食欲不振などの症状がでる場合があります。また、口内炎や口の中が荒れたり、唇が赤くはれたり、皮膚や爪・指先などが黒くなったりするなどの色素沈着や発赤・発疹がでる場合もあります。
上記のような症状があらわれた際は医師の診察を受けて下さい。

ジェムザール(ゲムシタビン)

種別 化学療法薬
主な作用 ゲムシタビンは代謝拮抗剤として知られる薬品の一般グループに属し、膵臓ガンや非小細胞肺癌の治療に使用されます。核酸の合成を妨害するので、ガン細胞がDNAやRNAを生成するのを妨げることによりガン細胞の成長を阻害し破壊します。
副作用 吐き気や嘔吐、食欲不振、発熱、全身倦怠感などの症状があらわれることがあります。また、骨髄に作用し、細菌などから体を守る働きをしている白血球や出血を止める働きをしている血小板、酸素を運ぶ赤血球を減少させてしまうことがあります。そのため、感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。上記のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けて下さい。

ゼローダ(カペシタビン)

種別 化学療法薬
主な作用 代謝拮抗剤として知られる薬品の一般グループに属し、乳がんの治療に使用されます。核酸の合成を妨害するので、ガン細胞がDNAやRNAを生成するのを妨げることによりガン細胞の成長を阻害します。体内に吸収されてから、活性体のフルオロウラシルに変換された上で、がん組織に働き、その増殖を抑制します。
副作用 白血球や血小板、赤血球を減少させてしまうことがあります。そのため、感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。また、骨髄障害、腎・肝障害、心障害、ひどい口内炎などを起こすことがあります。
その他、手掌や足に発疹やかゆみなどの手足症候群の症状や、激しい下痢による脱水症などの症状があらわれる場合もあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けて下さい。

ハイドレア(ヒドロキシカルバミド)

種別 化学療法薬
主な作用 細胞の遺伝情報を持つDNAが作られるのを妨害して、がん細胞の分裂増殖をおさえます。その作用により、骨髄での白血球の異常な産生がおさえられ、白血球数が正常化します。おもに、症状の安定している慢性骨髄性白血病に用います。
副作用 食欲不振、吐き気・嘔吐や下痢の症状が起こることがあります。また、過敏症で発疹や発熱があったり、倦怠感、むくみ、頭痛、めまい、手や舌のしびれなどの症状を起こすこともあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けて下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

癌フコイダン療法の資料請求